読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 LOVE MVNO!

iPhone・Xperia・スマホ・タブレット・MVNO・・・デジモノに関するエトセトラ。

【mineo】基本プラン・評判-徹底比較(MVNO)

【スポンサーリンク】

mineo(マイネオ)

株式会社ケイ・オプティコムが運営するMVNO。

docomo

au

 

f:id:beauty-box:20150322180948j:plain

 

  • 基本となるデータSIMのみの「データ通信プラン」は5種類。
  • オプションとなる音声通話プランはそれぞれプラス610円(au)、700円(docomo)となっている。(音声通話プランのみの使用は不可)

 

プラン詳細

auプラン

 データ通信プラン

通話オプション 

合計
0.5GB 700円 610円 1,310円
1GB 800円 610円 1,410円
3GB 900円 610円 1,510円
5GB 1,580円 610円 2,190円
10GB 2,520円 610円 3,130円

 

docomoプラン

 データ通信プラン

通話オプション 

合計
0.5GB 700円 700円 1,400円
1GB 800円 700円 1,500円
3GB 900円 700円 1,600円
5GB 1,580円 700円 2,280円
10GB 2,520円 700円 3,220円

 

 

 

 

 

 

 

1GBプラン

2GBプラン

4GBプラン

 初期費用  3,000円  3,000円  3,000円
 月額通信基本料※  850円  980円  1,580円 
 月額通話基本料※  610円  610円  610円
 SIMカード枚数  1枚  1枚  1枚
 ハンドルクーポン  1GB  3GB  5GB
 追加クーポン  100円/150MB  100円/150MB  100円/150MB
 高速通信

 下り最大

 75Mbps 

 上り最大

 25Mbps

 下り最大

 75Mbps

 上り最大

 25Mbps

 下り最大

 75Mbps

 上り最大

 25Mbps

 低速通信  最大200kbps  最大200kbps  最大200kbps
 SMSオプション  無料  無料  無料
 通話料  30秒/20円  30秒/20円  30秒/20円
 違約金  有り  有り  有り

※データ通信プランは月額通信使用料のみ、音声プランは月額通信基本料と月額通話基本料をプラスした金額が、月額の基本使用料となる。

 

違約金は12ヶ月以内の解約で9,500円。

MNP転出手数料2,000円。

 

数少ない非docomo系MVNO。

 キャリアからの回線レンタル料が安いdocomoの回線を借りる、docomo系MVNO一辺倒の時代に初めて風穴を開けた企業だ。その意味でこの会社の功績は大きい。

 

 docomo系MVNOのSIMが使えるのは、docomo端末(SIMロックの有無は関係なし)、ソフトバンク携帯(SIMロック解除端末)、海外SIMフリー携帯のみ。

よってauスマホSIMロックの有無に関係なく、docomo系のMVNOは使用できない(データ通信だけなら頑張れば出来なくもないが、現実的ではない)。

 auスマホを使っている、あるいは解約済みの端末が手元にある場合は、必然的にmineoかUQmobileの二者択一となる。

 

データ通信プランは3種類。

docomo系MVNOと比べるとかなり貧弱だ。歴史が長い分、docomoに一日の長があるのは仕方がないか。

利用料金的には当初に比べると、ようやくこなれてきた。

通信設備は流石にauの誇る設備を借りているだけあって、非常に安定している。

 

 3G回線は使用不可、LTEのみ対応となる。

 auLTE回線に対する意欲は並大抵ではない。LTE設備の充実度は間違いなく日本一を誇る。都心部では全く問題ないだろうが、山間部などは注意が必要だ。au回線が手元にあれば確認したほうが良い。4G表示が殆どを占めるようであれば問題なしだが、3G表示がちょくちょく見られるようなら、考え直したほうがいいかも知れない。

ちなみに私の生活圏内(東京23区と埼玉県南部)では、3Gに繋がることはほぼ皆無。

 

 通信速度に若干見劣り

 docomo系MVNOと比べると上り・下りとも速度は半分。勿論mineoでもdocomo系と同等の上り50Mbps、下り150Mbpsも一部始まっている。何より理論値の最高速度なので、実際の通信ではそれ程大差はないと思われるが、念の為。

支払いはクレジットカードのみ。

iPhone 6は現在未対応。

留守番電話・キャッチホン等完備(有料)

 

 最後はマイナスな要素が並んでしまったが、先述のとおり、歴史が浅い分、docomo系のMVNOと比べてしまうのは酷だ。

auの安定した通信回線と必要最低限のプランは揃っている。

選択肢が極端に少ないau系のMVNOだが、決して悪くはない。