読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 LOVE MVNO!

iPhone・Xperia・スマホ・タブレット・MVNO・・・デジモノに関するエトセトラ。

「携帯の二年縛り」無料解約期間を延長~理由はiPhoneに有り?~

【スポンサーリンク】

携帯電話の二年契約、「通称二年縛り」の無料解約期間が、従来の1ヶ月から2ヶ月に延長された。

 

f:id:beauty-box:20150422175527j:plain

 

ご存知の通り、二年間の契約を締結することで、機種代金を割り引くなど、一定の特典を与えるというもの。月々の支払いが大幅に割り引かれることから、多くの人間が加入している。

尚、契約は自動更新で、利用者が解約申請しなければ、自動的に二年間の再契約期間がスタートする。

 

一方で問題となっていたのが、解約にかかる違約金。

契約後25ヶ月目にやって来る無料の解約月以外の月に解約すると、約1万円の違約金がかかる。

・解約月を知らせるキャリアからの通知も控えめでわかりにくい。

・通常二年分割で端末代金を払い終わった後でも、自由に解約出来ない。

上記の理由などにより、以前から批難の対象となっていた。

 

大手通信3社は、今年の10月から12月を目処に、無料解約期間を1ヶ月から2ヶ月に延長することを決めた。更に個別に無料解約期間を知らせるメールを配信するなど、利用者への周知を強化する。

しかし、違約金完全撤廃を求める利用者との隔たりは大きく、小幅な変更に不満の声が相次いでいる。

 

とまあ、ここまでは報じられている通りです。

ここからは僕の勝手な想像です。

 

ユーザーにとって昔から、二年縛りは大きな不満の対象でした。二年縛りの違法性を訴えて裁判沙汰になるなど、契約に関する揉め事は、枚挙にいと間がありません。

加えでMVNOなどの台頭により、携帯電話会社を自由に選ばせろ!というユーザーの声は強まるばかりでした。

 

そうした声を受けての改定だったことは間違いないですが、この決断にiPhoneが絡んいると深読みするのは、私だけでしょうか?

そう勘ぐる理由は僕のiPhone契約時の体験にあるのですが、それを時系列でまとめてみました。

 

iPhone 6 をめぐる一連の事件?2012年9月21日 iPhone 5 発売
2012年9月25日前後 先代iPhoneからiPhone 5 へ乗り換え
2014年9月19日 iPhone 6発売。

事前予約殺到と聞いて、やる気喪失。様子見モードに突入。

2014年10月1日 解約無料期間に突入したことに気付く ∑(゚Д゚)ハッ!!?
2014年10月15日前後にiPhone 6注文。

無謀にも一番人気(当時)のAU・シルバー・64GBチョイス。

ヨドバシカメラ新宿店のスタッフに渋い顔をされる。

ソフトバンクからAUへのMNP

生産が追いつかないとのことで入荷待ち。

取り敢えず待つ。

 

来ない。

 

iPhoneのことは考えないようにして、待つ。

 

まだ来ない。

2014年11月初旬 iPhone 6 入荷!

喜び勇んで店頭へ!

 

僕「MNPの予約番号をお願いします。」

 

SBオペレーター「違約金がかかりますが、よろしいですか?」

 

良い訳あるかー!!“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

 

そうなんです!

入荷に時間がかかり過ぎて、無料解約月の10月が終わってしまった訳ですよ!

2週間くらい余裕持って、無料解約期間内に注文したにもかかわらず!!!

 

勿論解約されるソフトバンクの方は

 

「そんなの知ったこっちゃねー!!!」って話ですしね。

 

結果、泣く泣く違約金を払ってMNP完了・・・

 

事前予約でもしておけば、間に合ったんでしょうけど、

ウェルカム人身御供!!!

で、発売前から予約入れる人なら良いけど、発売後2~3週間、世間の反応を見てから買おうってのが、大方の一般心理というもの。

iPhoneの生産が間に合わないってニュースは、その後も暫く世間を騒がせていましたから、駆け込みで買おうとした人で、僕と同じ被害に遭った人も多いのでは?

 

散々MNPばかりに力を入れておいて、いざ決断したら、在庫がなくて違約金かかるってどういうことだよ!?

 

ってブチギレた記憶がありますよ!

 

ダントツの利用者数を誇る端末だけに、これ以上同じこと続けたら、暴動が起きかねなませんね・・・

 

f:id:beauty-box:20150422203704j:plain

iPhone国旗を掲げる自由の女神 ルールル美術館》

 

 

若干おふざけみたいになってしまいましたが、3社が契約改訂を目指す10月と言えば、次期りんごちゃんの発売時期。

世界の販売台数はiPhone 6 を上回ることは、確実でしょう。

そうなれば、iPhone 6 以上に納期が遅れる可能性だって否定出来ない。 

新規契約が増えるタイミングで、ユーザーの機嫌でもとっておかねば!

 

仕方ない。取り敢えず、無料解約期間延長しとくか・・・

でもなるべく短くしたいよな〜

そんじゃあ、取り敢えず1ヶ月延長ってことで!

 

ってことになったのでは?

 

な~んて思惑があるとか、ないとか・・・

 

そう深読みするのは僕だけでしょうか?

 

※あくまで個人的な憶測ですので、根拠はありません。