読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 LOVE MVNO!

iPhone・Xperia・スマホ・タブレット・MVNO・・・デジモノに関するエトセトラ。

【朗報】ドコモ ガラケー料金でガラホ提供を発表!2015年3月期決算が影響か!?

【スポンサーリンク】

携帯電話大手3キャリアが2015年3月期の連結決算が発表したが、一人負けのドコモから朗報が届いた。

 

f:id:beauty-box:20150513200650j:plain

 

ドコモが将来的にガラケーの販売を中止する可能性を示唆していた問題。

その代替え機種とされる「外見はガラケー、中身はandroid搭載のスマホ」という、

通称「ガラホ」の行方に注目が集まっていた。

勿論問題はガラケーに対して高すぎる料金。

そんなガラケーユーザーの未来に、ドコモから朗報が届いた。

 

 NTTドコモは5月13日、夏商戦向けモデルを発表した。

注目はガラケー2機種で、シャープと富士通が新製品を投入する。 ただし、ガラケーと言っても中身はAndroidベースの機種となる、いわゆる「ガラホ」だ。

折りたたみのデザイン、テンキーによる入力方法、操作画面などは従来のガラケーと全く変わらないが、Androidを採用したことで、LINEアプリが使えるのが魅力だ。

 すでにガラホはKDDIが投入しているが、スマホと同等の料金プランであるため、ガラケーユーザーからすると「値上げ」になるのが欠点であった。

しかし、NTTドコモではガラホであっても、従来のガラケーと同じ料金体系を適用。ガラホに乗り換えても、料金は同等であり、スマホに比べて割安で利用できる点が特徴となる。

 

 数週間ほど前、一部で「ガラケーの生産は打ち切り」という報道があったが、各携帯電話会社とも、ガラケーに対して強い人気があることは認識しており、ガラケータイプの開発、製造は続けていく方針だ。

しかし、従来のOSや部品を使ったガラケーは生産継続が難しくなることから、スマートフォン向けのOSであるAndroidやそれに対応するチップセットを採用した「ガラホ」に切り換えていく。

ユーザーからすれば「いままで通りのガラケーを使い続けたい」と思うかもしれないが、実際、ガラホは操作性や使い勝手はガラケーとほとんど違いがない。

ガラケーがガラホに進化したことで「パソコンやスマホ向けサイトが閲覧できる」「LINEが使える」など、むしろユーザーにとってのメリットは大きいはずだ。

 

 今回、NTTドコモが従来のガラケーの料金プランで使えるようにしたことで、KDDIも対抗プランを出さざるを得なくなるだろう。 料金面の不安が取り除かれたことで、ガラホに乗り換えやすくなる環境が整ったといえそうだ。

 

性能

シャープ製「AQUOS ケータイ SH-06G」はワンプッシュオープンに対応し、防水性能、赤外線機能、ワンセグを備えるがおサイフケータイには非対応となる。カメラは5メガピクセルを採用した。 一方、富士通製「ARROWS ケータイ F-05G」もワンプッシュオープンで開くことができ、防水、ワンセグを備え、カメラは8.1ピクセルとなるが、こちらもおサイフケータイは使えない。

 

Yahoo!ニュース

 

この英断には素直に拍手を送りたい。

 
ドコモといえば先日発表された2014年度3月期連結決算で、営業利益でKDDIに逆転を許し、屈辱の3位に転落した。
 
かつては携帯電話で90%以上のシェアを握っていた絶対王者NTTドコモも、殿様商売が祟って、凋落の一途とたどるばかり。残念ながら昔の栄光は見る影もない。
 
これを機にユーザー目線を第一に考えるという、企業とし最も大切な理念を思い出してもらいたものだ。
 

 2015年3月期連結決算

 

売上

営業利益

最終利益

 ソフトバンク

8兆6,702億円

(+30.1%)

 9,827億円

(-8.8%)

 6,683億円

(+28.5%)

 KDDIau)

 4兆5,731億円

(+5.5%)

 7,412億円

(+11.8%)

 4,279億円

(+32.9%)

 NTTドコモ

 4兆3,833億円

(-1.7%)

 6,390億円

(-22.0%)

 4,100億円

(-11.8%)

 
 

iphone-sumaho.beauty-box.tokyo