読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 LOVE MVNO!

iPhone・Xperia・スマホ・タブレット・MVNO・・・デジモノに関するエトセトラ。

ZenFone 2・honor6 Plus・Ascend Mate7格安SIMフリースマホ比較

スマホ

【スポンサーリンク】

話題の格安SIMフリースマホ比較

 

ZenFone 2

ZenFone 2

 

honor6 Plus

honor6 Plus

 

Ascend Mate7

Ascend Mate7

 

  ZenFone 2 honor6 Plus Ascend Mate7
 メーカー  ASUS  Huawei  Huawei
 OS  Android 5.0  Android 4.4  Android 4.4
 CPUコア数  クアッドコア  オクタコア  オクタコア
 CPUクロック数  2.3GHz/1.8GHz  1.8GHz/1.3GHz   1.8GHz/1.3GHz
 内臓メモリ

 RAM 2GB

 ROM 32GB

 RAM 3GB

 ROM 32GB

 RAM 2GB

 ROM 16GB

 画面サイズ  5.5インチ  5.5インチ  6インチ
 メインカメラ  1300万画素  800万画素  1300万画素
 バッテリー  3000mAh  3600mAh  4100mAh
 大きさ  77.2x152.5x10.9 mm  75.7x150x7.5 mm  81x157x7.9 mm
 重さ  170 g  165 g  185 g
 参考価格  35,800円+税  45,800円+税  42,800円+税

※ZenFone 2は下位モデル。
 

どの機種もMVNO時代にふさわしい、十分なスペックを兼ね備えながらも、iPhoneXperiaに代表される従来のスマホの、半分以下の値段を実現している。

デザインやスペックを考えると、やはりAscend Mate7を薦めたくなるところだが、どの機種も一昔前のSIMフリースマホからは考えもつかない程、完成されているように感じる。

 

注意点

 だが、格安スマホだからこそ気を付けなければならないポイントもある。それがLTE対応バンドだ。

ZenFone 2とAscend Mate7はドコモの広域LTEプラチナバンドである「バンド19」(800MHz)に対応しているが、残念ながらhonor6 Plusは対応していない。

ドコモの主要LTEバンドである「バンド1」(2100MHz)には全機種対応しているが、主要バンドといえども、都内でも電波が入らない場所も存在する。

やはりLTEプラチナバンド帯の「バンド19」に対応していなければ、それなりの不便さは覚悟しなければならない。

 

尚、最新の機種だがOSは最新版とは限らない。もっともよほどOSに詳しい人間でもない限り、特に気にする必要はないだろう。