読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛 LOVE MVNO!

iPhone・Xperia・スマホ・タブレット・MVNO・・・デジモノに関するエトセトラ。

楽天んモバイル「5分かけ放題」オプションを徹底検証

【スポンサーリンク】

楽天モバイルから提供されている5分かけ放題オプション。料金体系・特徴・注意事項などをまとめてみた。

 

MVNOにおいて通話は大きなネックとなっていただけに、その問題をだいぶ軽くした楽天モバイルには多くの申し込みが殺到している。

 

f:id:beauty-box:20160310172857j:plain

 

プラン比較

5分かけ放題プラン
 ベーシック3.1GB5GB10GB
データ通信料 525円 900円 1,450円 2,260円
音声通話利用料 725円 700円 700円 700円
かけ放題利用料 850円 850円 850円 850円
通話回数 無制限 無制限 無制限 無制限
超過料金 10円/30秒 10円/30秒 10円/30秒 10円/30秒
合計 2,100円 2,450円 3,000円 3,810円

 料金は全て税抜

 

特徴

利用資格・初期手数料

現在楽天モバイルSIMを使用しているユーザーは無料。5分かけ放題オプションを付けることで使用可能になる。

 

尚、他社のSIMを使用しているユーザーは使用不可。初期手数料3,000円(税抜)を払って楽天モバイルSIM契約を結ぶ必要がある。

 

かけ放題

先にサービスを始めたY!mobileやモシモシークは回数制限があったが、FREETELでんわ同様、通話時間に制限があるとは言え、通話回数に制限はない。

 

5分以内であれば月何度かけてもOK!

 

超過通話料金

万が一通話時間が5分を過ぎてしまった場合の超過通話料も良心的だ。

 

10円/30秒

 

法外な超過料を取られることもない。 

 

選べるプラン

通話プランで先行する大手キャリアやMVNOは、通話プランと通信プランを自由に組み合わせられないものが多い。

 

大手キャリアの「1GBプラン」は通話プランに「話し放題」は選べない(話し放題ライト」のみ選択可)

 

もしもシークの10分通話・月300回まで定額(月額3,980円)の「まんぞくコース」はパケットが8GBも付いてくる。

 

要らないところは極力削り、必要な部分だけ強化したいのにそうもいかないもどかしさ・・・

 

そうした悩みから解放してくれる画期的なプランとなっている。

 

通話回線

通常の電話回線を使っての通話となる。IP電話や他の取次ぎ海鮮を使用するわけではないので、使い勝手は良い。

 

通信・通話ともに使用するのはdocomo回線。

 

専用の通話アプリ

楽天でんわアプリ」をダウンロードしたのち、そのアプリからの発信となる。尚、デフォルトの電話アプリなど、楽天でんわアプリ以外からの発信は、かけ放題の対象外となる。

 

デフォルト電話アプリを目につきにくい位置に移動するなど、対策をしておく必要がある。 

 

通話不可番号

こちらも恐らく3桁番号・フリーダイヤル・ナビダイヤル(110・0120・1570)などへの発信は不可になると思われる。

 

まとめ

NifMo(ニフモ)のIP電話にOCNの電話パック、もしもシークのかけ放題プラン・・・

 

最近のMVNOは最後の大きな懸案事項と言われる通話料金の引き下げにチャレンジしているが、どれも中途半端なものが多かった。

 

その通話料金引き下げに、万人向けに「戦えるプラン」を準備して乗り込んできたことは大いに評価に値できる。

 

楽天モバイルの知名度も相まって、かなりの普及が見込まれる。

 

しかし、これは本格的な通話引きげに向けた第一章でしかない。5分かけ放題一択ではまだ弱い。

 

ユーザーが望んでいるものは、自らの使用状況に応じて柔軟に組み替えられるいくつかのプランであり、その中には当然「完全かけ放題・話し放題」プランも含まれている。

 

さっそくFREETELが5分かけ放題プランを追随してきたが、楽天やFREETELの挑戦を皮切りに今後のMVNOの躍進に期待したい。

 

ほんとは大手キャリアが値段下げてくれれば一番手っ取り早いんですねどね・・・

 

 

あわせて読みたい!いや、読んでいただきたい!

いやいや、読んでくださいm(_ _)m!

iphone-sumaho.beauty-box.tokyo

iphone-sumaho.beauty-box.tokyo

iphone-sumaho.beauty-box.tokyo

iphone-sumaho.beauty-box.tokyo